ワークライフバランス

りそなカードが考えるワークライフバランス

制度紹介

りそなカードでは、妊娠期・出産期・育児期それぞれの時期に合わせて、多彩な支援制度を用意しています。
制度を利用しやすい風土が根付いており、多くの社員が育児休業から復帰しています。
また、制度の多くは男性社員も取得可能です。社員たちが育児と仕事を両立できるよう、全力でサポートいたします。

妊娠期

通勤ラッシュを避ける。

通勤ラッシュによる心身への負荷を軽減するため、医師からの指導に基づき、
当社は出社時刻の繰り下げ、退社時刻の繰り上げを行うことができます。

休憩時間の延長や休憩回数を増やす。

無理して勤務を続けると、つわりの悪化や流産・早産につながるおそれもあります。
医師等からの指導に基づき、当社は、休憩時間の延長や、休憩回数を増やすことも可能です。

出産期

出産休暇(産前・産後)をとる。

出産予定日を含み産前6週間、産後8週間の出産休暇を取得できます。
産後の休暇は必ず取得する必要があります。
また、男性従業員が取得できる5日間の配偶者出産休暇もあります。

育児休業をとる。

1歳2ヵ月未満のお子様を養育し、引き続き勤務する意思のある従業員は、
育児休業を取得することができます。
※保育所への入所が出来ない場合、最長でお子様が2歳1ヶ月に達するまで延長できます。

育児期

勤務時間を短縮する。

3歳に満たないお子様を養育する従業員は、出社時刻の繰り下げ、
退社時刻の繰り上げなど、勤務時間を短縮することができます。

看護休暇をとる。

小学校3年終了の年の3月末に達するまでのお子様が、病気やけがをしてしまった場合や
予防接種や健康診断を受診する場合は、通常の有給休暇に加え、5日間の看護休暇を
取得できます。

※上記は一例です。他にも多彩な支援制度を用意しています。また、上記の各種制度には、それぞれ規程や取得条件等があります。

WORK-LIFE
BALANCE

ワークライフバランス