TOP MESSAGE

社長が語る、りそなカードの未来

日々進化するクレジットカードビジネス。
このビジネスの未来に無限の可能性を感じるという土屋社長が、
りそなカードのこれからの可能性や戦略ビジョン、
そしてりそなカードの未来を担う
「新しく加わる才能」への期待を語ります。

りそなカード株式会社
代表取締役社長 土屋 隆志

ワクワクする会社にしよう!
心地よく働ける環境をつくろう!
そして一人ひとりの
自己実現が叶う会社にしよう!

全世界でキャッシュレス社会への移行が進む中、現金主義が根強く浸透する日本はクレジットカードの普及率・利用率が世界的にみても低いのが現状です。しかしながらネットショッピングなどが起爆剤となり、カード保有者も増え、一気にクレジット決済の比率が高まっています。成長率が停滞する時代にあって、無限の可能性を秘めているブルーオーシャン、それがクレジットカード業界なのです。これは明白な事実で、私たちりそなカードの未来にも大きな可能性が広がっている、そう考えています。

銀行系カード会社の中でも、りそなグループの一員である当社は、組織的に大きすぎず、小さすぎず、それゆえ柔軟に動ける位置づけにあり、独自の戦略を仕掛けられることが私たちの強みです。例えばグループ銀行と協力し、法人市場に仕掛ければ、この強みを最大化できるはず。そこでこの強みを再認識し、共有するために、私は社員とディスカッションする「タウンミーティング」を実施。「ワクワクする会社にしよう!心地よく働ける環境をつくろう!そして一人ひとりの自己実現が叶う会社にしよう!」と強く訴えかけました。その結果、それぞれが自ら考え、決断して、行動できるアクティブな企業風土が芽生えつつあるように感じます。

社員の意見には積極的に耳を傾けるようにしています。業務改善提案はもちろん、事業アイデアなど、それが投資コストに見合うものであり、かつロジカルに説明できるものであれば、次々と具現化していくつもりです。優れた発想、構想があれば、会社の未来も、業界の未来さえも変えられる!そんな意識を全社員で共有して、りそなカードを革新していく、その舵取りをすることが経営トップである私の最重要ミッションだと思っています。

就活生へのメッセージ

フィンテック、AI、RPAなど、技術革新の流れをチャンスと捉え、新しいビジネスモデルの創造にも挑戦していきたいと考えています。現に社員からのアイデアも次々と寄せられています。これからは、生まれたときから“デジタルやSNS”などを当たり前に使いこなしてきた世代が主役となり、変革をリードする時代。そういう意味で私たちは、これから入ってくる新しい才能に期待しています。そう、クレジットビジネスの未来を切り拓くのは、ほかならぬ“あなたたち”なのです。

あなたの“眠れる才能”が開花する可能性も、あなたの“伸びしろ”が発現する可能性も、ここには十分あります。世代も男女も関係ありません。自らの力で周りを巻き込んで、新しい価値を創造していける意志さえあれば、誰もが未来ビジネスの主役になれる!そう私は考えています。繰り返しになりますが、来るべき本格的なキャッシュレス社会の到来に向けてビジネスチャンスは無限に広がっています。興味のある方はぜひ、当社の門を叩いてほしい。そして我々の未来構想に耳を傾けてほしい。さらにはあなたの才能が活きる場所であるかどうか、その相性をはかってみてほしいと思います。

ともに同じ夢や理想を胸に、ワクワクする挑戦ができる日がくることを私たちは心から楽しみにしています。